バレ離脱“ケガの功名”に ヤクルト左翼でスタメン争い激化

公開日: 更新日:

 芳しくないチーム状態に追い打ちをかける事態が起きた。15日、助っ人バレンティンに左脇腹の肉離れが判明。試合前に球場を後にしたのだ。

 12日のソフトバンク戦前の打撃練習の際に痛めていた。真中監督が、開幕に間に合わない可能性があることを示唆したチームは、キャンプ中に畠山がギックリ腰、オープン戦序盤には川端がインフルエンザでそれぞれ離脱。川端はこの日の広島戦から一軍復帰を果たしたものの、調整は遅れ気味である。ヤクルトは昨年、2年連続最下位から14年ぶりのリーグ優勝を果たしたが、キャンプからの主力の相次ぐ離脱は不安材料ではある。

「確かにこの時期のバレの離脱は痛い。でも、早くても4月上旬ごろには一軍復帰できると思う。ケガは軽度で、この日もランニングをしていたくらい。長期離脱を避けるため、無理をさせないで大事を取ったのです。実際、真中監督はこの日、『長いシーズンのことを考えよう。悪いけど、我慢してくれ』と伝えている。離脱中の畠山も近日中に二軍戦に出場する予定で、開幕戦の復帰を目指している。早い段階でフルメンバーが揃う」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る