ヤクルト山田はOP戦さっぱり それでも打撃コーチ楽観の根拠

公開日: 更新日:

「良くなっているのかなというのはあります。続けていくことが大事になってくる」

 久しぶりの快打連発にも、まだまだこれからといった感じだった。

 ヤクルト山田哲人(23)が16日の巨人戦で3安打の猛打賞。昨年、3割、30本、30盗塁の「トリプルスリー」を達成し、38本塁打、34盗塁で本塁打、盗塁のタイトルを獲得したが、オープン戦ではこの日の試合前まで打率.125、0本塁打と低迷。盗塁も0と精彩を欠いていた。開幕前とはいえ、昨年の活躍からすれば、今年は大丈夫なの? と不安に思うファンもいることだろう。

 しかし、試合前に杉村チーフ打撃コーチに聞くとこう言った。

「昨年もこの時期に山田の調子のことを聞かれた。打撃で結果が出ていなかったからね。でも、全く心配していない。やることはやっているし、打撃を崩されているわけではない。あとはタイミング。もともと修正力、観察力はあるからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る