ヤクルト川端はインフルで侍J辞退…次なる“欠場理由”は?

公開日: 更新日:

「その手があったか!」

 と、ヒザを叩く選手がいてもおかしくない。

 1日、ヤクルトの川端慎吾(28)が、5、6日に行われる侍ジャパンの台湾との強化試合を辞退。この日、体調不良を訴え、インフルエンザと診断された。

 これには小久保監督以下、代表チームの首脳陣も「またか……」という心境だろう。川端を含めれば、すでに10人近くが代表入りを辞退している。柳田(ソフトバンク)や藤浪(阪神)のように前年のケガやコンディション不良を理由に断る者もいれば、大谷(日ハム)や則本、松井裕(いずれも楽天)らは開幕への調整を優先させた。

 そもそも、開幕直前の真剣勝負を歓迎する選手など、まずいない。ケガをすればシーズンを棒に振りかねないし、調整が遅れることもある。当然、補償も一切なし。しかも、今回はあくまで「強化試合」。本音を言えば全員辞退したいはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る