• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト川端はインフルで侍J辞退…次なる“欠場理由”は?

「その手があったか!」

 と、ヒザを叩く選手がいてもおかしくない。

 1日、ヤクルトの川端慎吾(28)が、5、6日に行われる侍ジャパンの台湾との強化試合を辞退。この日、体調不良を訴え、インフルエンザと診断された。

 これには小久保監督以下、代表チームの首脳陣も「またか……」という心境だろう。川端を含めれば、すでに10人近くが代表入りを辞退している。柳田(ソフトバンク)や藤浪(阪神)のように前年のケガやコンディション不良を理由に断る者もいれば、大谷(日ハム)や則本、松井裕(いずれも楽天)らは開幕への調整を優先させた。

 そもそも、開幕直前の真剣勝負を歓迎する選手など、まずいない。ケガをすればシーズンを棒に振りかねないし、調整が遅れることもある。当然、補償も一切なし。しかも、今回はあくまで「強化試合」。本音を言えば全員辞退したいはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る