ヤクルト真中監督も懸念 “捕手ブロック”で退場者続出の恐れ

公開日: 更新日:

 昨年までなら完全にアウトだった。

 15日のヤクルト対広島戦で、今季から導入された本塁クロスプレーの「コリジョンルール」が初めて適用された。

 二回2死一、二塁の場面。広島・会沢の左前打で二塁走者の松山が本塁に突っ込み、タッチアウトで一度は攻守交代となった。すると、緒方監督がヤクルトの捕手中村がブロックしたのではないかと審判に抗議。ビデオ判定の結果、中村がブロックしたと判断されてセーフに覆ったのだ。

 微妙なプレーだった。中村は走路を空けて左翼からの送球を待ったが、捕球の際にボールをこぼした。拾い直した場所が走路上にあり、そのままタッチしたことでブロックと判断されたわけだ。

 中村は「ボールを捕る寸前に走者が来るのが見えた。ブロックになってしまうとは思った」としながらも、「手だけでタッチする必要があるが、とっさのプレーなので難しい」と吐露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る