ヤクルト真中監督も懸念 “捕手ブロック”で退場者続出の恐れ

公開日:  更新日:

 昨年までなら完全にアウトだった。

 15日のヤクルト対広島戦で、今季から導入された本塁クロスプレーの「コリジョンルール」が初めて適用された。

 二回2死一、二塁の場面。広島・会沢の左前打で二塁走者の松山が本塁に突っ込み、タッチアウトで一度は攻守交代となった。すると、緒方監督がヤクルトの捕手中村がブロックしたのではないかと審判に抗議。ビデオ判定の結果、中村がブロックしたと判断されてセーフに覆ったのだ。

 微妙なプレーだった。中村は走路を空けて左翼からの送球を待ったが、捕球の際にボールをこぼした。拾い直した場所が走路上にあり、そのままタッチしたことでブロックと判断されたわけだ。

 中村は「ボールを捕る寸前に走者が来るのが見えた。ブロックになってしまうとは思った」としながらも、「手だけでタッチする必要があるが、とっさのプレーなので難しい」と吐露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る