ヤクルト真中監督も懸念 “捕手ブロック”で退場者続出の恐れ

公開日: 更新日:

 昨年までなら完全にアウトだった。

 15日のヤクルト広島戦で、今季から導入された本塁クロスプレーの「コリジョンルール」が初めて適用された。

 二回2死一、二塁の場面。広島・会沢の左前打で二塁走者の松山が本塁に突っ込み、タッチアウトで一度は攻守交代となった。すると、緒方監督がヤクルトの捕手中村がブロックしたのではないかと審判に抗議。ビデオ判定の結果、中村がブロックしたと判断されてセーフに覆ったのだ。

 微妙なプレーだった。中村は走路を空けて左翼からの送球を待ったが、捕球の際にボールをこぼした。拾い直した場所が走路上にあり、そのままタッチしたことでブロックと判断されたわけだ。

 中村は「ボールを捕る寸前に走者が来るのが見えた。ブロックになってしまうとは思った」としながらも、「手だけでタッチする必要があるが、とっさのプレーなので難しい」と吐露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  6. 6

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  7. 7

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  8. 8

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

もっと見る