規則曲解 プロの“ローカルルールの乱れ”にアマチュア混乱

公開日:  更新日:

 一体、何が正しいのかわからなくなってくる。先週の女子ツアーのテレビ中継で驚愕のシーンがあった。15番パー5で、勝った李知姫(37)の第2打がサブグリーンに乗り、グリーン上のボールをそのままウエッジで打ったのだ。

 アマチュアがゴルフ場でプレーする時は、絶対にサブグリーンからボールを打たないし、それは共通認識だ。プロなら、上手だからいいのか?

 しかし、英語版のルールブックの規則25-3bには「Wrong Putting Green」とある。「プレーヤーの球が間違ったパッティンググリーン(サブグリーン)の上にある場合、プレーヤーはその球をあるがままの状態でプレーしてはならない。プレーヤーは罰なしに、救済を受けなければならない」のだ。

 ゼネラルルールと違った、ルールを曲解したローカルルールで試合を行っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る