• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テニスで物議の“男女賞金格差” ゴルフでは当たり前の不思議

 比較すると、確かに恵まれている。

 テニス界で物議を醸している男女同権問題。先週のパリバ・オープンの大会ディレクターが「女子のテニス協会は男子の人気に便乗している」と発言。女子選手を怒らせ、各方面からも批判されたことで21日に辞任した。

 しかし、5度目の優勝を果たしたジョコビッチも、「(ディレクターの発言は)間違った表現」と批判する一方で、「男子プロテニス協会(ATP)はより多くを求めるべきだ。統計では男子の試合の方が集客力が高いことが明らかになっている」と語った。その後謝罪したものの、要するに「男子は女子より客を集めるから賞金を増やして」と言いたいのだろう。

 こんな発言が出てくるのは、テニスの4大大会の賞金が男女同額だからだ。例えば、今年の全豪オープンの優勝賞金は、男も女も380万豪ドル(約3億2300万円)。8月下旬から9月にかけて行われる全米オープンも、昨年は男女とも330万ドル(約3億6800万円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る