• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テニスで物議の“男女賞金格差” ゴルフでは当たり前の不思議

 比較すると、確かに恵まれている。

 テニス界で物議を醸している男女同権問題。先週のパリバ・オープンの大会ディレクターが「女子のテニス協会は男子の人気に便乗している」と発言。女子選手を怒らせ、各方面からも批判されたことで21日に辞任した。

 しかし、5度目の優勝を果たしたジョコビッチも、「(ディレクターの発言は)間違った表現」と批判する一方で、「男子プロテニス協会(ATP)はより多くを求めるべきだ。統計では男子の試合の方が集客力が高いことが明らかになっている」と語った。その後謝罪したものの、要するに「男子は女子より客を集めるから賞金を増やして」と言いたいのだろう。

 こんな発言が出てくるのは、テニスの4大大会の賞金が男女同額だからだ。例えば、今年の全豪オープンの優勝賞金は、男も女も380万豪ドル(約3億2300万円)。8月下旬から9月にかけて行われる全米オープンも、昨年は男女とも330万ドル(約3億6800万円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る