テニスで物議の“男女賞金格差” ゴルフでは当たり前の不思議

公開日: 更新日:

 比較すると、確かに恵まれている。

 テニス界で物議を醸している男女同権問題。先週のパリバ・オープンの大会ディレクターが「女子のテニス協会は男子の人気に便乗している」と発言。女子選手を怒らせ、各方面からも批判されたことで21日に辞任した。

 しかし、5度目の優勝を果たしたジョコビッチも、「(ディレクターの発言は)間違った表現」と批判する一方で、「男子プロテニス協会(ATP)はより多くを求めるべきだ。統計では男子の試合の方が集客力が高いことが明らかになっている」と語った。その後謝罪したものの、要するに「男子は女子より客を集めるから賞金を増やして」と言いたいのだろう。

 こんな発言が出てくるのは、テニスの4大大会の賞金が男女同額だからだ。例えば、今年の全豪オープンの優勝賞金は、男も女も380万豪ドル(約3億2300万円)。8月下旬から9月にかけて行われる全米オープンも、昨年は男女とも330万ドル(約3億6800万円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る