韓国で騒動に リオ五輪女子ゴルフ代表巡り足の引っ張り合い

公開日: 更新日:

 世界ランク15位以内に7選手もいて、リオ五輪女子ゴルフ代表争いが熾烈な韓国で今、とんでもないことが起きている。

 コトの発端は今月1日のシンガポールでのアクシデントだ。昨年の全米女子オープンに勝ち、日本のメジャー2勝のチョン・インジ(21)がHSBC女子チャンピオンズに出場するためシンガポールに移動。空港に到着し、下りエスカレーターに乗っていたところ、後ろからキャリーバッグが落ちてきて背中を直撃。大会に出場できなくなった。精密検査の結果、2週間の治療が必要という大ケガを負ったのだ。

 実はそのキャリーバッグの持ち主がリオ五輪代表候補の一人、ジャン・ハナ(23)の父親だったことから、一気に騒ぎが大きくなった。

 ジャンはシンガポールでのその大会に勝って、一気に代表候補2番手に浮上。一方、3番手だったチョンは欠場が響き、5番手に落ちてしまったから、チョンの熱狂的なファンが黙っているわけがない。ポータルサイトには、ジャンを非難する書き込みが殺到。韓国だけでなく、米メディアにも飛び火した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る