韓国で騒動に リオ五輪女子ゴルフ代表巡り足の引っ張り合い

公開日: 更新日:

 世界ランク15位以内に7選手もいて、リオ五輪女子ゴルフ代表争いが熾烈な韓国で今、とんでもないことが起きている。

 コトの発端は今月1日のシンガポールでのアクシデントだ。昨年の全米女子オープンに勝ち、日本のメジャー2勝のチョン・インジ(21)がHSBC女子チャンピオンズに出場するためシンガポールに移動。空港に到着し、下りエスカレーターに乗っていたところ、後ろからキャリーバッグが落ちてきて背中を直撃。大会に出場できなくなった。精密検査の結果、2週間の治療が必要という大ケガを負ったのだ。

 実はそのキャリーバッグの持ち主がリオ五輪代表候補の一人、ジャン・ハナ(23)の父親だったことから、一気に騒ぎが大きくなった。

 ジャンはシンガポールでのその大会に勝って、一気に代表候補2番手に浮上。一方、3番手だったチョンは欠場が響き、5番手に落ちてしまったから、チョンの熱狂的なファンが黙っているわけがない。ポータルサイトには、ジャンを非難する書き込みが殺到。韓国だけでなく、米メディアにも飛び火した。

 チョンはマネジメント会社を通じて、「私が遭った事故が大きな注目を浴び、一部には行き過ぎた臆測も出ている。あちらの方々(ジャン側)がひどく誤解され、心が傷付けられる状況にまでなってはならない」というコメントを発表しなければならないほど騒ぎは大きくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍