横峯さくら エースキャディーの不在は“夫の口出し”が原因

公開日: 更新日:

【ANAインスピレーション】

 初日3オーバー88位タイと出遅れた横峯さくら(30)。2週前から新キャディーを採用したが、うまくコミュニケーションが取れていないようだ。

 日本ツアーで申ジエの専属だったフランス人のフロリアン・ロドリゲスだが、それまで横峯は試合ごとにハウスキャディーを起用して戦ってきた。

「私がキャディーを探していたタイミングと合った」(横峯)と、ツアー会場で雇い主を探していたロドリゲスと新たにコンビを組んでメジャーに臨んだのだ。

 プロにとって有能なキャディーがそばにいるか、いないかで、成績は大きく変わる。ピンまでの残り距離やグリーン形状、風向きなど的確な情報がなければプレーに集中できない。

 そればかりでなく、キャディーは選手を勇気づけたり、なだめたり、愚痴を聞いたりとプレー中の唯一の相談相手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る