アマは悩み増 ゴルフボール「第三のカテゴリー」の波紋

公開日: 更新日:

 ゴルフショップをのぞくと、各社からさまざまなゴルフボールが売り出されており、どれが自分に合っているのか迷うことが多い。

 これまではとにかく飛ばしたいディスタンス系と、ボールを狙ったところに止めたいスピン系に分かれていた。ところが新たにウレタンカバーのディスタンス系が加わったことで、「第三のカテゴリー」ができた。これは飛距離性能は維持したまま、アプローチショットではスピンを利かせられる「いいとこ取りのボール」ということで、業界の注目を集めている。ディスタンス系とスピン系の中間的な位置付けなのだ。

「キャロウェイのクロムソフト、テーラーメイドのグローレDS、ブリヂストンのジョーカー、タイトリストのプレステージなど、似たようなウレタンカバーで飛びの性能を持つ商品が、一緒に店頭に並べられ、売られています」(ショップ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る