DF酒井宏樹 「今の代表は“戦いの幅”を広げている段階」

公開日:  更新日:

 身長185センチ、体重75キロ。このサイズのサイドバックは日本のみならず、海外を見渡しても珍しい偉丈夫だ。独ブンデスリーガ1部・ハノーバー所属のDF酒井宏樹(25)は、その恵まれたフィジカルを生かして守備に、攻撃にと右サイドでアグレッシブに上下動を繰り返し、存在感をアピールしている。しかし、クラブと日本代表との“温度差”に苦しむ毎日だ。

 ハノーバーでは「思うようにいかない」現実に悩み、日本代表では「ステップアップの手応え」を感じながらプレーしているからである。94年米国大会から6大会連続でW杯現地取材を続けているサッカージャーナリスト元川悦子氏が現地ドイツで、そしてW杯2次予選の行われた日本で、酒井宏に直に話を聞いた。

 来季の2部降格の大ピンチに瀕しているハノーバー。もっとも、どの試合も相手にコテンパンにやられているわけではない。たとえば日本代表の僚友MF香川真司(27)がプレーするドルトムントとのアウェー戦でもほぼ互角の戦いを見せ、試合後には前向きなコメントを聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る