独での苦悩を語る山口蛍 「何かを掴みかけている段階」

公開日: 更新日:

 ホームで開催されたW杯予選(アフガニスタン戦=3月24日、シリア戦=同29日)にMF山口蛍(25)は、初めて海外組として臨んだ。「時差ボケ? あります。普通に眠いです」と話していた山口は、先発したシリア戦で大アクシデントに遭遇した。後半10分に空中戦で競り合った際、相手選手と接触して顔面を強打。血を流しながらタンカで運ばれ、診断は「鼻篩骨」と「上顎骨」の骨折。昨年末に独ブンデスリーガ・ハノーバーに移籍し、残留争い真っただ中の本人には、あまりにもつらい現実というしかない。

 ドイツでは今年1月30日に新天地デビューを果たしたが、思うような仕事ができず、苦悩していた山口をサッカージャーナリスト元川悦子氏が渡独して直撃。W杯予選時の肉声とともに山口の胸中に迫った――。

 日本ではあくまで中盤のボランチが主戦場だったが、ドイツに移籍した当初は「ダイヤモンド型中盤の右MF」として起用された。しかし、本来の豊富な運動量、高いボール奪取力、前線への鋭いパス――を発揮できず、先発した2月6日のマインツ戦では、前半35分で交代の屈辱を味わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  5. 5

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る