「僕には飛び抜けた能力ない」 香川真司が現在の胸中吐露

公開日: 更新日:

 日本時間3日午前1時30分キックオフの独ブンデスリーガ・ブレーメン戦の後半29分、途中出場したドルトムント所属のMF香川真司(27)は、登場3分後に同点弾を叩き込んで3-2の逆転勝利に貢献。リーグ3位以内を確定し、来季欧州CLの本戦出場を決めた。ブレーメン戦後に「あそこで決めるか、決めないかは今後を大きく左右する」とコメントした香川は、3月29日のW杯予選シリア戦で2ゴールを決めている。

 これで香川は上昇気流に乗れたのか? 長らく日本代表を取材し、これまで何度も欧州組を現地取材しているサッカージャーナリスト元川悦子氏は、W杯予選前にドイツで香川を取材した際、クラブで出番が減って苦悩しながらも、将来を前向きに捉えている姿に接した。香川本人の生の声である。

「(今季シーズン途中から先発を外れたり、途中出場が多いことについては)自分自身できちんと受け止めないといけません。試合中になかなかボールを受けられなかったり、(局面が)窮屈なのに苦し紛れにボールを受け、それがミスにつながってしまうこともありました。(突然のベンチ外など)いろいろとドイツと国内外で報道され、ストレスになる部分もありましたが、報道されること自体、良くも悪くも注目されているということ。周りの声に左右されることなく、練習から自信を持ってプレーするようにしています。煮え切らない気持ちでピッチに出ると、実際のプレーに表れてしまいますからね。常にポジティブな考えで『結果を出すことで自分(の能力)を証明するんだ』と頑張っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る