独チームでは“便利屋” 長谷部誠がハリルと交わした危機感

公開日:  更新日:

 生来の統率力、メンタルの強さ、そして知的な立ち居振る舞いで日本代表キャプテンを務め、チームを牽引しているのが、独ブンデスリーガ1部・フランクフルトでプレーしているMF長谷部誠(32)である。3月のW杯2次予選アフガニスタン戦(24日)、シリア戦(29日)でも安定したプレーを披露。2次予選7勝1分け、無敗1位通過の原動力となった。しかし、所属フランクフルトでは“便利屋”として使われ、クラブも2部降格(現在ブービー17位)の危機に直面。代表キャプテンも危機感を抱いているだろう。94年米国大会から14年ブラジル大会まで6大会連続で取材しているサッカージャーナリスト・元川悦子氏が、ドイツで現地取材を敢行。W杯予選2試合で帰国した際にも質問をぶつけ、その胸中にズバリ迫った。

■ポジション“不透明”

 今年になって所属クラブでの長谷部のポジションは目まぐるしく変化。本来は中盤のボランチだが、1月30日のアウグスブルク戦で右SB、2月13日のケルン戦では中盤のアンカーを任された。19日のハンブルガーSV戦では不慣れな左SBと短期間で凄まじい変わりようだった。3月中旬の監督交代後は中盤で使われているとはいえ、今後は不透明である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る