チームに馴染んだ酒井高徳 「ほとんどドイツ人」の適応力

公開日: 更新日:

 ドイツでプレーする欧州組の中で、ドイツ人選手から「こっちの人間みたい」と言われている選手がいる。3月のW杯2次予選のアフガニスタン戦(24日)、シリア戦(29日)で日本代表の一員としてプレーした独ブンデスリーガの古豪ハンブルガーSV所属のDF酒井高徳(25)である。

 そう言われたのは父・日本人と母・ドイツ人との間に生まれたハーフだから、ではない。12年頭のシュツットガルト移籍でドイツ人生がスタート。15年7月、ハンブルガーSVに新天地を求め、今年3月のヘルタ戦でブンデスリーガ通算100試合出場を記録するほど、ドイツの地に馴染んでいる。ドイツ語を流暢に操り、ドイツ人のメンタリティーも理解している。

「ドイツ人と一緒にいる方が楽な感じがする」と話す酒井高。日本代表選手を精力的にインタビューしているサッカージャーナリスト元川悦子氏が彼を直撃した――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  5. 5

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る