チームに馴染んだ酒井高徳 「ほとんどドイツ人」の適応力

公開日: 更新日:

 ドイツでプレーする欧州組の中で、ドイツ人選手から「こっちの人間みたい」と言われている選手がいる。3月のW杯2次予選のアフガニスタン戦(24日)、シリア戦(29日)で日本代表の一員としてプレーした独ブンデスリーガの古豪ハンブルガーSV所属のDF酒井高徳(25)である。

 そう言われたのは父・日本人と母・ドイツ人との間に生まれたハーフだから、ではない。12年頭のシュツットガルト移籍でドイツ人生がスタート。15年7月、ハンブルガーSVに新天地を求め、今年3月のヘルタ戦でブンデスリーガ通算100試合出場を記録するほど、ドイツの地に馴染んでいる。ドイツ語を流暢に操り、ドイツ人のメンタリティーも理解している。

「ドイツ人と一緒にいる方が楽な感じがする」と話す酒井高。日本代表選手を精力的にインタビューしているサッカージャーナリスト元川悦子氏が彼を直撃した――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る