独2部落ち危機の清武弘嗣 「失うものない」と語った覚悟

公開日:  更新日:

 先月24日のW杯2次予選・アフガニスタン戦にトップ下として先発したMF清武弘嗣(26)。チーム2点目を決めて「久しぶりでうれしかった」と笑みを浮かべた。彼にとっては、実に3年4カ月ぶりの代表ゴール。この試合では1ゴール2アシストの活躍で、温存された代表トップ下のMF香川真司(27)に存在感をアピールした。

 もっとも、アフガニスタン戦は「天国」だったが、今月2日のブンデスリーガ・ハンブルガー戦で「地獄」を見てしまった。リーガ最下位(18位)に低迷するハノーファーは地元で0―3の完敗。2部降格となると、背番号10の清武は批判の矢面に立たされるかもしれない。日本代表を精力的に取材しているサッカージャーナリストの元川悦子氏が、ドイツに足を運んで清武の貴重な肉声を引き出し、W杯予選2試合で帰国した清武の胸中にも迫った。

 昨年は6月に続いて11月の日本代表合宿中でもケガをし、苦しい台所事情のハノーファーでも欠場が続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る