独2部落ち危機の清武弘嗣 「失うものない」と語った覚悟

公開日: 更新日:

 先月24日のW杯2次予選・アフガニスタン戦にトップ下として先発したMF清武弘嗣(26)。チーム2点目を決めて「久しぶりでうれしかった」と笑みを浮かべた。彼にとっては、実に3年4カ月ぶりの代表ゴール。この試合では1ゴール2アシストの活躍で、温存された代表トップ下のMF香川真司(27)に存在感をアピールした。

 もっとも、アフガニスタン戦は「天国」だったが、今月2日のブンデスリーガ・ハンブルガー戦で「地獄」を見てしまった。リーガ最下位(18位)に低迷するハノーファーは地元で0―3の完敗。2部降格となると、背番号10の清武は批判の矢面に立たされるかもしれない。日本代表を精力的に取材しているサッカージャーナリストの元川悦子氏が、ドイツに足を運んで清武の貴重な肉声を引き出し、W杯予選2試合で帰国した清武の胸中にも迫った。

 昨年は6月に続いて11月の日本代表合宿中でもケガをし、苦しい台所事情のハノーファーでも欠場が続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る