独2部落ち危機の清武弘嗣 「失うものない」と語った覚悟

公開日:  更新日:

 先月24日のW杯2次予選・アフガニスタン戦にトップ下として先発したMF清武弘嗣(26)。チーム2点目を決めて「久しぶりでうれしかった」と笑みを浮かべた。彼にとっては、実に3年4カ月ぶりの代表ゴール。この試合では1ゴール2アシストの活躍で、温存された代表トップ下のMF香川真司(27)に存在感をアピールした。

 もっとも、アフガニスタン戦は「天国」だったが、今月2日のブンデスリーガ・ハンブルガー戦で「地獄」を見てしまった。リーガ最下位(18位)に低迷するハノーファーは地元で0―3の完敗。2部降格となると、背番号10の清武は批判の矢面に立たされるかもしれない。日本代表を精力的に取材しているサッカージャーナリストの元川悦子氏が、ドイツに足を運んで清武の貴重な肉声を引き出し、W杯予選2試合で帰国した清武の胸中にも迫った。

 昨年は6月に続いて11月の日本代表合宿中でもケガをし、苦しい台所事情のハノーファーでも欠場が続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る