• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

虎の元守護神に陰り…カージナルス呉昇桓8戦目で初失点

 元阪神の守護神が、ついに打たれた。

 今季、カージナルスに入団した韓国人右腕の呉昇桓(33)は20日(日本時間21日)のカブス戦に登板。3点リードの八回からマウンドに上がり、先頭ファウラーに不運な二塁への内野安打を許すと、続くヘイワードに四球。1死後、4番リゾに甘く入った変化球を右前に運ばれてメジャー初失点。なおも一、三塁のピンチで後続の内野ゴロの間に1点を追加された。開幕からの連続無失点は7試合でストップした。

 この試合の前まで7試合(計7回2/3)に登板して許した安打はわずか1本。抜群の安定感を披露していたが、この日は雨で長時間の中断を挟んでの登板だっただけに、ブルペンでの準備はままならなかったのだろう。ボールが先行する苦しい投球を強いられ、カウントを稼ぎにいった球を狙い打たれた。

 呉はここまで150キロ超の直球とスライダーの2種類で勝負し、投球は単調だった。日本のセーブ王(14、15年)は、いよいよ化けの皮がはがれてきたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

もっと見る