• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ5球団は絶好チャンス…首位も戦力整わぬ巨人は今が底

 首位にいるのが不思議なくらいだ。

 24日のDeNA戦で白星を手にした5年目左腕の今村が、菅野以外の先発投手としては実に1カ月ぶりの勝ち投手だった。それだけ先発ローテーションが脆弱な上、チーム打率.252はリーグのワースト2位。深刻な貧打に泣かされてV逸した昨季とほとんど変わらない状態なのだ。

 ただし……。

「右肩痛で開幕二軍となった主砲の阿部にようやくメドが立ち始めた。故障の状態は一進一退、再び患部に違和感を訴えて5月上旬の一軍復帰という構想が白紙に戻ったとされていますが、これは高橋由監督と阿部本人が「完璧な状態で戻ろう」と確認し合ってのこと。遅くとも、6月初めには一軍に合流するスケジュールになっている」(巨人OB)

 本人は捕手として復帰するつもりでいて、そうなれば攻撃力に厚みが増すのはもちろん、投手陣にも大きなプラス効果をもたらす。昨季13勝を挙げてチームの勝ち頭になったマイコラスも、右肩の不調を訴えて2月のキャンプから離脱したままとはいえ、7月15、16日のオールスター前後には戻る。苦しい夏場に向けて、完全に戦力が整う手はずで進めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る