セ5球団は絶好チャンス…首位も戦力整わぬ巨人は今が底

公開日:  更新日:

 首位にいるのが不思議なくらいだ。

 24日のDeNA戦で白星を手にした5年目左腕の今村が、菅野以外の先発投手としては実に1カ月ぶりの勝ち投手だった。それだけ先発ローテーションが脆弱な上、チーム打率.252はリーグのワースト2位。深刻な貧打に泣かされてV逸した昨季とほとんど変わらない状態なのだ。

 ただし……。

「右肩痛で開幕二軍となった主砲の阿部にようやくメドが立ち始めた。故障の状態は一進一退、再び患部に違和感を訴えて5月上旬の一軍復帰という構想が白紙に戻ったとされていますが、これは高橋由監督と阿部本人が「完璧な状態で戻ろう」と確認し合ってのこと。遅くとも、6月初めには一軍に合流するスケジュールになっている」(巨人OB)

 本人は捕手として復帰するつもりでいて、そうなれば攻撃力に厚みが増すのはもちろん、投手陣にも大きなプラス効果をもたらす。昨季13勝を挙げてチームの勝ち頭になったマイコラスも、右肩の不調を訴えて2月のキャンプから離脱したままとはいえ、7月15、16日のオールスター前後には戻る。苦しい夏場に向けて、完全に戦力が整う手はずで進めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る