• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ5球団は絶好チャンス…首位も戦力整わぬ巨人は今が底

 首位にいるのが不思議なくらいだ。

 24日のDeNA戦で白星を手にした5年目左腕の今村が、菅野以外の先発投手としては実に1カ月ぶりの勝ち投手だった。それだけ先発ローテーションが脆弱な上、チーム打率.252はリーグのワースト2位。深刻な貧打に泣かされてV逸した昨季とほとんど変わらない状態なのだ。

 ただし……。

「右肩痛で開幕二軍となった主砲の阿部にようやくメドが立ち始めた。故障の状態は一進一退、再び患部に違和感を訴えて5月上旬の一軍復帰という構想が白紙に戻ったとされていますが、これは高橋由監督と阿部本人が「完璧な状態で戻ろう」と確認し合ってのこと。遅くとも、6月初めには一軍に合流するスケジュールになっている」(巨人OB)

 本人は捕手として復帰するつもりでいて、そうなれば攻撃力に厚みが増すのはもちろん、投手陣にも大きなプラス効果をもたらす。昨季13勝を挙げてチームの勝ち頭になったマイコラスも、右肩の不調を訴えて2月のキャンプから離脱したままとはいえ、7月15、16日のオールスター前後には戻る。苦しい夏場に向けて、完全に戦力が整う手はずで進めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る