不振ギャレは今や“腫れ物” 巨人「不動4番」構想に黄信号

公開日: 更新日:

 巨人の主砲ギャレット・ジョーンズ(34)が苦しんでいる。22日のDeNA戦は2三振を含む3タコ。この3連戦はいずれも無安打で2三振ずつを喫した。計9打数無安打6三振で打率は.216。本塁打は4号を放った3日以来、3週間も出ていない。

 この日は直訴して試合前の早出練習に参加。4番を張る助っ人外国人選手が行うのは極めて異例だが、なりふり構わず内田打撃コーチの指導を仰いだ。体重移動の修正などを助言したという内田コーチはしかし、こう話していた。

「ちょっと神経質になっているな」

 そもそも「性格重視」で獲得した助っ人。クソがつくほど真面目な性格は、スランプになるとかえって厄介だ。チームメートが軽口を叩いてイジることもできない。今やチームの“腫れ物”のようになっているのだ。

 高橋監督が開幕前から理想に掲げたのが「4番の固定」だった。昨季V逸した最大の要因は、リーグ最低打率に沈んだ貧打なのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る