不振ギャレは今や“腫れ物” 巨人「不動4番」構想に黄信号

公開日:  更新日:

 巨人の主砲ギャレット・ジョーンズ(34)が苦しんでいる。22日のDeNA戦は2三振を含む3タコ。この3連戦はいずれも無安打で2三振ずつを喫した。計9打数無安打6三振で打率は.216。本塁打は4号を放った3日以来、3週間も出ていない。

 この日は直訴して試合前の早出練習に参加。4番を張る助っ人外国人選手が行うのは極めて異例だが、なりふり構わず内田打撃コーチの指導を仰いだ。体重移動の修正などを助言したという内田コーチはしかし、こう話していた。

「ちょっと神経質になっているな」

 そもそも「性格重視」で獲得した助っ人。クソがつくほど真面目な性格は、スランプになるとかえって厄介だ。チームメートが軽口を叩いてイジることもできない。今やチームの“腫れ物”のようになっているのだ。

 高橋監督が開幕前から理想に掲げたのが「4番の固定」だった。昨季V逸した最大の要因は、リーグ最低打率に沈んだ貧打なのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る