不振ギャレは今や“腫れ物” 巨人「不動4番」構想に黄信号

公開日: 更新日:

 巨人の主砲ギャレット・ジョーンズ(34)が苦しんでいる。22日のDeNA戦は2三振を含む3タコ。この3連戦はいずれも無安打で2三振ずつを喫した。計9打数無安打6三振で打率は.216。本塁打は4号を放った3日以来、3週間も出ていない。

 この日は直訴して試合前の早出練習に参加。4番を張る助っ人外国人選手が行うのは極めて異例だが、なりふり構わず内田打撃コーチの指導を仰いだ。体重移動の修正などを助言したという内田コーチはしかし、こう話していた。

「ちょっと神経質になっているな」

 そもそも「性格重視」で獲得した助っ人。クソがつくほど真面目な性格は、スランプになるとかえって厄介だ。チームメートが軽口を叩いてイジることもできない。今やチームの“腫れ物”のようになっているのだ。

 高橋監督が開幕前から理想に掲げたのが「4番の固定」だった。昨季V逸した最大の要因は、リーグ最低打率に沈んだ貧打なのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る