マメで降板にチーム冷や汗…G菅野の体が悲鳴をあげている

公開日: 更新日:

 リーグ27年ぶりの快記録を目前にして、巨人のエース菅野智之(26)がマウンドを降りた。

 えっ!? なんで? どよめくスタンド、ざわめく記者席。

 89年の斎藤雅樹(巨人=現二軍監督)以来となる3試合連続完封勝利がかかっていた22日のDeNA戦で、七回まで完璧な投球を見せていたのだから当然だった。

 150キロの真っすぐを連発し、打たれた安打はたったの2本。おまけに無四球とまったく危なげがなかった。球数だって89球。開幕から中5日が続いたとはいえ、登板予定だった20日の中日戦(鹿児島)が熊本地震の影響で中止になった。この日は休養十分の中8日の先発。アクシデント以外に八回のマウンドをマシソンに譲る理由が見当たらなかったのだ。

「(右手中指に)マメができたということで」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る