マメで降板にチーム冷や汗…G菅野の体が悲鳴をあげている

公開日: 更新日:

 リーグ27年ぶりの快記録を目前にして、巨人のエース菅野智之(26)がマウンドを降りた。

 えっ!? なんで? どよめくスタンド、ざわめく記者席。

 89年の斎藤雅樹(巨人=現二軍監督)以来となる3試合連続完封勝利がかかっていた22日のDeNA戦で、七回まで完璧な投球を見せていたのだから当然だった。

 150キロの真っすぐを連発し、打たれた安打はたったの2本。おまけに無四球とまったく危なげがなかった。球数だって89球。開幕から中5日が続いたとはいえ、登板予定だった20日の中日戦(鹿児島)が熊本地震の影響で中止になった。この日は休養十分の中8日の先発。アクシデント以外に八回のマウンドをマシソンに譲る理由が見当たらなかったのだ。

「(右手中指に)マメができたということで」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る