• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“代打由伸”の穴埋まらぬ巨人 相川亮二に終盤の切り札託す

「穴」は自分がやっていたポジションだった。

 20試合を終えて首位の巨人だが、代打の打率は30打数6安打でちょうど2割、打点2、本塁打ゼロとパッとしない。15年は.243、14年は.244。高橋由伸監督(41)が現役の頃より成績が落ちている。

 昨季までは自身が切り札だった。

 昨季の代打での打率は.395。「顔」で選ぶ四球も多く、出塁率は.489と驚異的だった。勝負どころの試合終盤にこんな切り札がいたら――。

 首位の今はまだいいが、これから歯ぎしりする日がくるかもしれない。セのスコアラーも「弱点」と見ているようだ。

「開幕前は亀井かなと思ったけど、左翼のレギュラーに納まっている。長打力のある堂上も二軍に落ちた。若手の大田や中井では経験不足。巨人は頼りになる代打がいない。以前の矢野や昨年までの由伸監督のような威圧感や存在感が誰にもないので助かっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る