“代打由伸”の穴埋まらぬ巨人 相川亮二に終盤の切り札託す

公開日:  更新日:

「穴」は自分がやっていたポジションだった。

 20試合を終えて首位の巨人だが、代打の打率は30打数6安打でちょうど2割、打点2、本塁打ゼロとパッとしない。15年は.243、14年は.244。高橋由伸監督(41)が現役の頃より成績が落ちている。

 昨季までは自身が切り札だった。

 昨季の代打での打率は.395。「顔」で選ぶ四球も多く、出塁率は.489と驚異的だった。勝負どころの試合終盤にこんな切り札がいたら――。

 首位の今はまだいいが、これから歯ぎしりする日がくるかもしれない。セのスコアラーも「弱点」と見ているようだ。

「開幕前は亀井かなと思ったけど、左翼のレギュラーに納まっている。長打力のある堂上も二軍に落ちた。若手の大田や中井では経験不足。巨人は頼りになる代打がいない。以前の矢野や昨年までの由伸監督のような威圧感や存在感が誰にもないので助かっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る