• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“代打由伸”の穴埋まらぬ巨人 相川亮二に終盤の切り札託す

「穴」は自分がやっていたポジションだった。

 20試合を終えて首位の巨人だが、代打の打率は30打数6安打でちょうど2割、打点2、本塁打ゼロとパッとしない。15年は.243、14年は.244。高橋由伸監督(41)が現役の頃より成績が落ちている。

 昨季までは自身が切り札だった。

 昨季の代打での打率は.395。「顔」で選ぶ四球も多く、出塁率は.489と驚異的だった。勝負どころの試合終盤にこんな切り札がいたら――。

 首位の今はまだいいが、これから歯ぎしりする日がくるかもしれない。セのスコアラーも「弱点」と見ているようだ。

「開幕前は亀井かなと思ったけど、左翼のレギュラーに納まっている。長打力のある堂上も二軍に落ちた。若手の大田や中井では経験不足。巨人は頼りになる代打がいない。以前の矢野や昨年までの由伸監督のような威圧感や存在感が誰にもないので助かっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る