“代打由伸”の穴埋まらぬ巨人 相川亮二に終盤の切り札託す

公開日:  更新日:

「穴」は自分がやっていたポジションだった。

 20試合を終えて首位の巨人だが、代打の打率は30打数6安打でちょうど2割、打点2、本塁打ゼロとパッとしない。15年は.243、14年は.244。高橋由伸監督(41)が現役の頃より成績が落ちている。

 昨季までは自身が切り札だった。

 昨季の代打での打率は.395。「顔」で選ぶ四球も多く、出塁率は.489と驚異的だった。勝負どころの試合終盤にこんな切り札がいたら――。

 首位の今はまだいいが、これから歯ぎしりする日がくるかもしれない。セのスコアラーも「弱点」と見ているようだ。

「開幕前は亀井かなと思ったけど、左翼のレギュラーに納まっている。長打力のある堂上も二軍に落ちた。若手の大田や中井では経験不足。巨人は頼りになる代打がいない。以前の矢野や昨年までの由伸監督のような威圧感や存在感が誰にもないので助かっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る