「ダルビッシュ参考に」 創価大・田中正義が食事法明かす

公開日:  更新日:

 今年の野球界はこの男が中心だ。今秋ドラフトの超目玉候補は、昨秋の新チーム発足時に志願して主将に就任。右肩の違和感のため、4月30日の試合後に創価大の岸雅司監督は「投げさせるつもりはない」と話し、春のリーグ戦登板は絶望的となったが、プロのスカウトの評価は変わらない。史上初の全12球団から1位指名を受ける可能性もある今、最速156キロ右腕に本音を聞いた。

――大学3年時のNPB選抜との壮行試合で4イニングを7者連続を含む8奪三振で無失点。一躍プロから注目を浴びる存在になった。自信が確信に変わった?

「あれはデキ過ぎでした。それより前の2年生春の大学選手権の1回戦(仏教大戦)、初めての全国大会で東京ドームという舞台でいいピッチングができた。そっちの方が大きな経験になりました。自信になったというか、ひとつ成長できたのは、プロとの試合よりそっちの全国大会ですね。でも、今も自信や確信があるかといったらないんですけど……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る