• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小久保監督複雑…侍J辞退の創価大・田中が実戦で152キロ投

「投げられるじゃん!」

 思わずそう口走った関係者もいたはずだ。

 創価大の田中正義(3年)といえば、MAX156キロで今秋ドラフトの目玉間違いなしの右腕。大学生として唯一、侍ジャパン入りを打診されながら、右肩疲労からの再調整を理由に辞退していた。その田中が、あろうことか侍ジャパンが台湾と強化試合を行った6日のオープン戦に先発したのだ。

 拓大相手に3イニングを投げ、1安打2四球無失点。二回にはこの日最速となる152キロを計測。ネット裏のスカウト陣は「右肩に不安なし」と安堵のため息をついたが、複雑なのが小久保監督以下、侍ジャパンの首脳陣や関係者たちではないか。

 田中は創価高時代に右肩痛で外野にコンバートされた経験がある。大学で投手に復帰したものの、そうした経緯があるだけに右肩の異常には人一倍慎重になってもおかしくない。しかも今回の代表戦は強化試合。日の丸のユニホームより、調整を優先させたのも無理はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る