156キロ右腕の田中にベタ惚れも 巨人はなぜ敬遠される?

公開日:  更新日:

 来年ドラフトの超目玉候補、最速156キロ右腕の創価大・田中正義(3年)が20日、同大学グラウンドで今年最後の練習を行った。

 6月、大学日本代表のエースとしてNPB選抜との壮行試合で登板。4イニングで7者連続を含む8三振を奪い、視察したプロのスカウトの度肝を抜いた。史上初の12球団1位競合の可能性もある逸材だ。某球団スカウトは、「これだけ一人が突出している年は珍しい。来年は田中の一本かぶり。すでに楽天、ロッテ、中日が1位指名を公表しているが、現段階では12球団のダントツの1位候補といっていい。来年になって競合を避けたい球団が一つずつ降りていく形になるでしょう」と見通しを語る。

 熱心なのは巨人。山下スカウト部長は試合のたびに「来年の本物の目玉」と絶賛し、「今でもプロのローテに入れる即戦力」とゾッコンなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る