156キロ右腕の田中にベタ惚れも 巨人はなぜ敬遠される?

公開日:  更新日:

 来年ドラフトの超目玉候補、最速156キロ右腕の創価大・田中正義(3年)が20日、同大学グラウンドで今年最後の練習を行った。

 6月、大学日本代表のエースとしてNPB選抜との壮行試合で登板。4イニングで7者連続を含む8三振を奪い、視察したプロのスカウトの度肝を抜いた。史上初の12球団1位競合の可能性もある逸材だ。某球団スカウトは、「これだけ一人が突出している年は珍しい。来年は田中の一本かぶり。すでに楽天、ロッテ、中日が1位指名を公表しているが、現段階では12球団のダントツの1位候補といっていい。来年になって競合を避けたい球団が一つずつ降りていく形になるでしょう」と見通しを語る。

 熱心なのは巨人。山下スカウト部長は試合のたびに「来年の本物の目玉」と絶賛し、「今でもプロのローテに入れる即戦力」とゾッコンなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る