• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

156キロ右腕の田中にベタ惚れも 巨人はなぜ敬遠される?

 来年ドラフトの超目玉候補、最速156キロ右腕の創価大・田中正義(3年)が20日、同大学グラウンドで今年最後の練習を行った。

 6月、大学日本代表のエースとしてNPB選抜との壮行試合で登板。4イニングで7者連続を含む8三振を奪い、視察したプロのスカウトの度肝を抜いた。史上初の12球団1位競合の可能性もある逸材だ。某球団スカウトは、「これだけ一人が突出している年は珍しい。来年は田中の一本かぶり。すでに楽天、ロッテ、中日が1位指名を公表しているが、現段階では12球団のダントツの1位候補といっていい。来年になって競合を避けたい球団が一つずつ降りていく形になるでしょう」と見通しを語る。

 熱心なのは巨人。山下スカウト部長は試合のたびに「来年の本物の目玉」と絶賛し、「今でもプロのローテに入れる即戦力」とゾッコンなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る