ドラフトの目玉 創価大・田中に12球団スカウト集結の滑稽

公開日: 更新日:

 今秋ドラフト最大の目玉である田中正義(創価大)が5日、東京新大学野球リーグ開幕戦(対杏林大)で完投勝ちした。

 9回を投げて4安打3失点。七回に安打と守備の乱れで1点を失い、昨春から続いていたリーグ戦無失点は56イニングでストップした。点を取られたこと自体はニュースでも、だからといってプロの二軍相手に7者連続三振の評価が覆るわけではもちろんない。

 プロ12球団が1位に評価、いまや、どの球団が田中から降りるかが注目ともいわれている。にもかかわらず、クビをかしげたくなるのはこの日の県営大宮球場のネット裏に12球団、計40人を超すスカウトがズラリ、顔をそろえたことだ。中には阪神の和田SA(シニアアドバイザー)やヤクルトの小川SD(シニアディレクター)の姿もあった。

 逆指名があったころならまだしも、田中の指名権を獲得できるかどうかはクジ運次第。どれだけ多くのスカウトや球団上層部が球場に足を運ぼうと、それが結果として田中サイドに誠意を見せることになろうと意味はなさない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る