ドラフトの目玉 創価大・田中に12球団スカウト集結の滑稽

公開日:  更新日:

 今秋ドラフト最大の目玉である田中正義(創価大)が5日、東京新大学野球リーグ開幕戦(対杏林大)で完投勝ちした。

 9回を投げて4安打3失点。七回に安打と守備の乱れで1点を失い、昨春から続いていたリーグ戦無失点は56イニングでストップした。点を取られたこと自体はニュースでも、だからといってプロの二軍相手に7者連続三振の評価が覆るわけではもちろんない。

 プロ12球団が1位に評価、いまや、どの球団が田中から降りるかが注目ともいわれている。にもかかわらず、クビをかしげたくなるのはこの日の県営大宮球場のネット裏に12球団、計40人を超すスカウトがズラリ、顔をそろえたことだ。中には阪神の和田SA(シニアアドバイザー)やヤクルトの小川SD(シニアディレクター)の姿もあった。

 逆指名があったころならまだしも、田中の指名権を獲得できるかどうかはクジ運次第。どれだけ多くのスカウトや球団上層部が球場に足を運ぼうと、それが結果として田中サイドに誠意を見せることになろうと意味はなさない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る