ドラフトの目玉 創価大・田中に12球団スカウト集結の滑稽

公開日: 更新日:

 今秋ドラフト最大の目玉である田中正義(創価大)が5日、東京新大学野球リーグ開幕戦(対杏林大)で完投勝ちした。

 9回を投げて4安打3失点。七回に安打と守備の乱れで1点を失い、昨春から続いていたリーグ戦無失点は56イニングでストップした。点を取られたこと自体はニュースでも、だからといってプロの二軍相手に7者連続三振の評価が覆るわけではもちろんない。

 プロ12球団が1位に評価、いまや、どの球団が田中から降りるかが注目ともいわれている。にもかかわらず、クビをかしげたくなるのはこの日の県営大宮球場のネット裏に12球団、計40人を超すスカウトがズラリ、顔をそろえたことだ。中には阪神の和田SA(シニアアドバイザー)やヤクルトの小川SD(シニアディレクター)の姿もあった。

 逆指名があったころならまだしも、田中の指名権を獲得できるかどうかはクジ運次第。どれだけ多くのスカウトや球団上層部が球場に足を運ぼうと、それが結果として田中サイドに誠意を見せることになろうと意味はなさない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

  2. 2
    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

  3. 3
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 5
    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

もっと見る

  1. 6
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

  2. 7
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8
    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

  4. 9
    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

  5. 10
    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか

    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか