ドラフトの目玉 創価大・田中に12球団スカウト集結の滑稽

公開日:  更新日:

 今秋ドラフト最大の目玉である田中正義(創価大)が5日、東京新大学野球リーグ開幕戦(対杏林大)で完投勝ちした。

 9回を投げて4安打3失点。七回に安打と守備の乱れで1点を失い、昨春から続いていたリーグ戦無失点は56イニングでストップした。点を取られたこと自体はニュースでも、だからといってプロの二軍相手に7者連続三振の評価が覆るわけではもちろんない。

 プロ12球団が1位に評価、いまや、どの球団が田中から降りるかが注目ともいわれている。にもかかわらず、クビをかしげたくなるのはこの日の県営大宮球場のネット裏に12球団、計40人を超すスカウトがズラリ、顔をそろえたことだ。中には阪神の和田SA(シニアアドバイザー)やヤクルトの小川SD(シニアディレクター)の姿もあった。

 逆指名があったころならまだしも、田中の指名権を獲得できるかどうかはクジ運次第。どれだけ多くのスカウトや球団上層部が球場に足を運ぼうと、それが結果として田中サイドに誠意を見せることになろうと意味はなさない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る