惚れた巨人も戦々恐々 創価大・田中“強奪”をメジャー計画

公開日:  更新日:

 今秋ドラフトの超目玉である創価大・田中正義(21)の周辺が騒がしくなってきた。最速156キロ右腕は、史上初の12球団1位指名の可能性を秘める逸材。本格始動した年明けの9日には、国内8球団10人のスカウトが八王子市の創価大グラウンドに駆け付けたが、田中の大物ぶりは米大リーグの動きに表れる。昨年中にすでに米4球団が挨拶を済ませていて、本気で獲得を目指しているというのだ。

 創価大の岸監督は昨年末に「国内優先」の方針を打ち出している。一方で年明けには親交があるマリナーズ岩隈に、「メジャーでも絶対に通用する」と太鼓判を押されたことも明かした。マリナーズは岩隈をはじめ、かつてはイチローが在籍。今季から青木が加入するなど親日的で知られ、今回も田中に熱視線を送る球団のひとつに数えられている。

 国内球団のスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る