明大右腕も急浮上 今秋ドラフト創価大・田中“一強”に異変

公開日: 更新日:

「今は凄い投手になれるかどうかの境目にいる」

 今秋ドラフト最大の目玉である創価大の右腕・田中正義(4年)についてこう語るのは、在京球団の某スカウトだ。

 去る5日、東京新大学リーグの杏林大戦に先発、3失点完投で今季初勝利を挙げた。奪った三振は12。史上初の12球団1位競合も、といわれる剛腕だが、冒頭のスカウトはこう続ける。

「今は身体能力の高さでこれだけのパフォーマンスができているという印象。150キロを超える速球はプロで通用するが、プロで超一流の成績を残そうと思えば、『速球と同じ腕の振りでスライダー、フォークなどの変化球を投げること』『7割の力でも打者を打ち取る投球術』『9イニングをコンスタントに投げる体力、精神力』を身につけること。この1年間でこれが克服できるかどうかだね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  8. 8

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る