東京五輪中はファン拡大好機 プロ野球「地方開催」のススメ

公開日: 更新日:

 悩ましい問題ではある。

 9日、日本野球機構(NPB)の実行委員会が都内で行われた。主な議題は東京五輪が開催される2020年の球場使用について。この問題が噴出したのは今年4月。東京五輪・パラリンピック組織委員会から、「ボランティアの待機所と資材置き場として使用したい」と20年5月から11月にかけて半年以上もの神宮球場の借用要請があった。

 さらに20年東京五輪で野球・ソフトボールが追加種目として採用された場合、横浜スタジアムやQVCマリンフィールドなど、首都圏内の球場が会場候補になる。日程のやりくりは困難を極めるだろうし、今後は五輪期間中のシーズン中断も検討するという。

 しかし、中断するくらいならいっそ、普段野球の試合が少ない地方球場での興行をメーンにしてはどうかという声もある。選手も時間を持て余すよりは試合に出て成績を残したいだろう。ファンサービスは当然、長期的に見た場合の野球の競技人口の拡大にもつながる。

 一考の余地はあると思うのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  6. 6

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  7. 7

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る