東京五輪中はファン拡大好機 プロ野球「地方開催」のススメ

公開日: 更新日:

 悩ましい問題ではある。

 9日、日本野球機構(NPB)の実行委員会が都内で行われた。主な議題は東京五輪が開催される2020年の球場使用について。この問題が噴出したのは今年4月。東京五輪・パラリンピック組織委員会から、「ボランティアの待機所と資材置き場として使用したい」と20年5月から11月にかけて半年以上もの神宮球場の借用要請があった。

 さらに20年東京五輪で野球・ソフトボールが追加種目として採用された場合、横浜スタジアムやQVCマリンフィールドなど、首都圏内の球場が会場候補になる。日程のやりくりは困難を極めるだろうし、今後は五輪期間中のシーズン中断も検討するという。

 しかし、中断するくらいならいっそ、普段野球の試合が少ない地方球場での興行をメーンにしてはどうかという声もある。選手も時間を持て余すよりは試合に出て成績を残したいだろう。ファンサービスは当然、長期的に見た場合の野球の競技人口の拡大にもつながる。

 一考の余地はあると思うのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  8. 8

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る