通算400Sロドリゲスは刑務所とマウンドを往復し偉業達成

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反で逮捕、起訴された清原は更生しても球界復帰が絶望視されているが、海の向こうのメジャーリーグはフトコロが深いというか、犯罪者に対してかなり寛容だ。

 今季、タイガースの守護神を務める「K・ロッド」ことフランシスコ・ロドリゲス(34)が、24日(日本時間25日)のフィリーズ戦で14セーブ目をマーク、史上6人目のメジャー通算400セーブを達成した。

 このロドリゲス、メッツの抑えだった10年8月に、内縁の妻の父親に暴力をふるって逮捕。手錠をされたまま球場から連行される生々しいシーンがテレビで何度も流れたし、ニューヨークの新聞にもデカデカと報じられた。

 おまけに殴った際に利き腕の右手をケガ、留置場の中で故障者リスト入りするというなんともしまらないオチまでついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  5. 5

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  6. 6

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    8月の自殺者が15%増 コロナで踏ん張るも“心が折れた”恐れ

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

もっと見る