• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

通算400Sロドリゲスは刑務所とマウンドを往復し偉業達成

 覚醒剤取締法違反で逮捕、起訴された清原は更生しても球界復帰が絶望視されているが、海の向こうのメジャーリーグはフトコロが深いというか、犯罪者に対してかなり寛容だ。

 今季、タイガースの守護神を務める「K・ロッド」ことフランシスコ・ロドリゲス(34)が、24日(日本時間25日)のフィリーズ戦で14セーブ目をマーク、史上6人目のメジャー通算400セーブを達成した。

 このロドリゲス、メッツの抑えだった10年8月に、内縁の妻の父親に暴力をふるって逮捕。手錠をされたまま球場から連行される生々しいシーンがテレビで何度も流れたし、ニューヨークの新聞にもデカデカと報じられた。

 おまけに殴った際に利き腕の右手をケガ、留置場の中で故障者リスト入りするというなんともしまらないオチまでついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る