日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小暮博則
著者のコラム一覧
小暮博則プロゴルファー

1972年生まれ、埼玉県出身。明治大学商学部卒業。03年日本ゴルフツアー機構ファイナルQT進出。04年日本プロゴルフ協会入会。ジュニア育成に注力し、ジュニア育成応援基金のためのメルマガを発刊。目的コミット型のマンツーマンレッスンとして定評があるPFGA(パーフェクトゴルフアカデミー)を主宰。東京・赤坂と埼玉・小手指でレッスンを行う。著書「一生ブレないスイング理論」(カイゼン)、アプリ「左重心スイングで行こう」が好評。

ロブショットの打ち方 ヒール側から入れてバウンスを有効に使う

小暮博プロ(C)日刊ゲンダイ

 ピンがグリーン手前にあって、エッジからの距離は5、6ヤードという状況です。

 一般にロブショットが必要となるのはボールを上げざるを得ないラフからのアプローチショットの場合です。使用クラブはSWかAW。

 ここでは、ヘッ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事