本人は軽傷強調も… 復帰ダル「肩と首の張り」の深刻度

公開日: 更新日:

 右肘手術から復帰、順調に白星を積み重ね始めた状況でのアクシデントだった。

 8日のアストロズ戦で右肩の張りを訴えて降板したレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)。トレーナーによれば「右肩の張り。念のため降板させた」らしい。大事を取っての交代というのだ。

 試合後の本人も「肘とかは何もなく、単純に肩とか首に張りが出た。張りを取れば問題ない」と軽症を強調したが、楽観視はできない。

 ダルには首の張りが重症に発展した過去があるからだ。

 メジャーで初めて開幕投手を務めた13年は6月までに8勝をマークしながら、7月上旬に僧帽筋(首の付け根から肩、背中へと続く筋肉)を痛めて初めて故障者リスト(DL)入り。選手間投票で選出された球宴の辞退も余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る