本人は軽傷強調も… 復帰ダル「肩と首の張り」の深刻度

公開日:  更新日:

 右肘手術から復帰、順調に白星を積み重ね始めた状況でのアクシデントだった。

 8日のアストロズ戦で右肩の張りを訴えて降板したレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)。トレーナーによれば「右肩の張り。念のため降板させた」らしい。大事を取っての交代というのだ。

 試合後の本人も「肘とかは何もなく、単純に肩とか首に張りが出た。張りを取れば問題ない」と軽症を強調したが、楽観視はできない。

 ダルには首の張りが重症に発展した過去があるからだ。

 メジャーで初めて開幕投手を務めた13年は6月までに8勝をマークしながら、7月上旬に僧帽筋(首の付け根から肩、背中へと続く筋肉)を痛めて初めて故障者リスト(DL)入り。選手間投票で選出された球宴の辞退も余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る