日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝ち星遠いヤンキース田中 評論家は首脳陣の“過保護”指摘

 日本人エースが勝ち星から見放されている。

 6日(日本時間7日)のエンゼルス戦に登板したヤンキース・田中将大(27)。7回を6安打2失点とまずまずの投球を見せながら、5月27日以来の白星を手にできなかった。

 今季ここまで12試合で4勝1敗。防御率2.76は10試合以上に先発したア・リーグの投手の中で8位だ。クオリティースタート(QS=6回以上を投げ、自責点3以内)は8回。打線の援護にも恵まれず、好投しても報われないマウンドが少なくない。

 今季の田中は速球をほとんど用いず、変化球主体の投球。フォームにも力感はなく、昨季までのように相手打者をねじ伏せるような迫力にも欠ける。一昨年に痛めた右肘の不安もささやかれているものの、「ここまでの投球を見る限り、右肘の痛みからは解放されたと思う」と言うのはNHKの大リーグ中継で解説を務める評論家の武田一浩氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事