勝ち星遠いヤンキース田中 評論家は首脳陣の“過保護”指摘

公開日: 更新日:

 日本人エースが勝ち星から見放されている。

 6日(日本時間7日)のエンゼルス戦に登板したヤンキース・田中将大(27)。7回を6安打2失点とまずまずの投球を見せながら、5月27日以来の白星を手にできなかった。

 今季ここまで12試合で4勝1敗。防御率2.76は10試合以上に先発したア・リーグの投手の中で8位だ。クオリティースタート(QS=6回以上を投げ、自責点3以内)は8回。打線の援護にも恵まれず、好投しても報われないマウンドが少なくない。

 今季の田中は速球をほとんど用いず、変化球主体の投球。フォームにも力感はなく、昨季までのように相手打者をねじ伏せるような迫力にも欠ける。一昨年に痛めた右肘の不安もささやかれているものの、「ここまでの投球を見る限り、右肘の痛みからは解放されたと思う」と言うのはNHKの大リーグ中継で解説を務める評論家の武田一浩氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る