明日先発のドジャース前田 先発ペース維持なら稼ぎいくら

公開日:  更新日:

 日本時間4日、本拠地のブレーブス戦に先発する前田健太(28=ドジャース)。2日現在、10試合に登板して4勝3敗、防御率3.00。強豪チームのローテーションの一角を担っている。

 仮に、このままのペースでシーズンを投げ切れるとしたら、今季はどれくらい稼ぐのか。日本円に換算して年俸約3億3000万円、契約金約1億1000万円、開幕ロースターボーナス1650万円、計4億5650万円はすでに手に入れた。

 これに、先発試合数と投球回数に応じたボーナスが加わる。詳細は表の通りだ。前田は54試合を消化した時点で先発が10、投球回数が57だから、162試合では30先発、171回の計算になる。

 よって先発試合数のボーナスは5億5000万円、投球回数は2億4750万円の計7億9750万円。手中にした4億5650万円を加えると計12億5400万円。年俸が安いなどといわれたが、この調子で働けば、かなりの金額を稼げる。

 もっとも、このままのペースで投げ続けるには、これまでと同様の投球内容を維持して、なおかつ故障しないことが条件だが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る