明日先発のドジャース前田 先発ペース維持なら稼ぎいくら

公開日: 更新日:

 日本時間4日、本拠地のブレーブス戦に先発する前田健太(28=ドジャース)。2日現在、10試合に登板して4勝3敗、防御率3.00。強豪チームのローテーションの一角を担っている。

 仮に、このままのペースでシーズンを投げ切れるとしたら、今季はどれくらい稼ぐのか。日本円に換算して年俸約3億3000万円、契約金約1億1000万円、開幕ロースターボーナス1650万円、計4億5650万円はすでに手に入れた。

 これに、先発試合数と投球回数に応じたボーナスが加わる。詳細は表の通りだ。前田は54試合を消化した時点で先発が10、投球回数が57だから、162試合では30先発、171回の計算になる。

 よって先発試合数のボーナスは5億5000万円、投球回数は2億4750万円の計7億9750万円。手中にした4億5650万円を加えると計12億5400万円。年俸が安いなどといわれたが、この調子で働けば、かなりの金額を稼げる。

 もっとも、このままのペースで投げ続けるには、これまでと同様の投球内容を維持して、なおかつ故障しないことが条件だが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る