なぜ英国で同士の潰しあい? ベイルで合同チームがあれば

公開日: 更新日:

 英国はイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの「国」から構成された王国である。サッカーの世界でも「4つの国」の各代表チームが活動し、今ユーロには2大会連続9回目出場のイングランド、そして北アイルランドとウェールズが初出場を果たした。

 大会7日目の現地16日はイングランド─ウェールズ戦、ウクライナ─北アイルランド戦が行われた。イングランドが2-1で、北アイルランドが2─0で勝ち点3を獲得したが、やはり英国合同チームを結成。強豪チームとして国際大会に乗り込んで優勝を狙えばいいのに……と思ってしまう。たとえばイングランド─ウェールズ戦だ。

 先制したウェールズのエースFWベイルはスペインの名門レアル・マドリードに所属する大物選手だが、W杯もユーロも出場実績は1回のウェールズ代表の一員でいる限り、世界のひのき舞台でプレーするチャンスは稀だ。

 イングランド戦の前にベイルは「ウェールズの方が情熱とプライドを持っている」と母国への忠誠心を強烈にアピールした。英国合同チームで活躍するベイルが見てみたい――は外野の勝手な言い分ではあるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る