なぜ英国で同士の潰しあい? ベイルで合同チームがあれば

公開日: 更新日:

 英国はイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの「国」から構成された王国である。サッカーの世界でも「4つの国」の各代表チームが活動し、今ユーロには2大会連続9回目出場のイングランド、そして北アイルランドとウェールズが初出場を果たした。

 大会7日目の現地16日はイングランド─ウェールズ戦、ウクライナ─北アイルランド戦が行われた。イングランドが2-1で、北アイルランドが2─0で勝ち点3を獲得したが、やはり英国合同チームを結成。強豪チームとして国際大会に乗り込んで優勝を狙えばいいのに……と思ってしまう。たとえばイングランド─ウェールズ戦だ。

 先制したウェールズのエースFWベイルはスペインの名門レアル・マドリードに所属する大物選手だが、W杯もユーロも出場実績は1回のウェールズ代表の一員でいる限り、世界のひのき舞台でプレーするチャンスは稀だ。

 イングランド戦の前にベイルは「ウェールズの方が情熱とプライドを持っている」と母国への忠誠心を強烈にアピールした。英国合同チームで活躍するベイルが見てみたい――は外野の勝手な言い分ではあるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  4. 4

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  5. 5

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  6. 6

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  7. 7

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  8. 8

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  9. 9

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  10. 10

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

もっと見る