なぜ英国で同士の潰しあい? ベイルで合同チームがあれば

公開日:  更新日:

 英国はイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの「国」から構成された王国である。サッカーの世界でも「4つの国」の各代表チームが活動し、今ユーロには2大会連続9回目出場のイングランド、そして北アイルランドとウェールズが初出場を果たした。

 大会7日目の現地16日はイングランド─ウェールズ戦、ウクライナ─北アイルランド戦が行われた。イングランドが2-1で、北アイルランドが2─0で勝ち点3を獲得したが、やはり英国合同チームを結成。強豪チームとして国際大会に乗り込んで優勝を狙えばいいのに……と思ってしまう。たとえばイングランド─ウェールズ戦だ。

 先制したウェールズのエースFWベイルはスペインの名門レアル・マドリードに所属する大物選手だが、W杯もユーロも出場実績は1回のウェールズ代表の一員でいる限り、世界のひのき舞台でプレーするチャンスは稀だ。

 イングランド戦の前にベイルは「ウェールズの方が情熱とプライドを持っている」と母国への忠誠心を強烈にアピールした。英国合同チームで活躍するベイルが見てみたい――は外野の勝手な言い分ではあるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る