日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体操女子個人総合8位 寺本明日香“グラム単位”の自己管理

 52年ぶりの快挙だ。

 11日に行われたリオ五輪体操女子個人総合の決勝で、寺本明日香(20)が8位入賞(57.965点)を果たした。この種目で日本勢が入賞するのは、1964年の東京五輪で6位に入賞した池田敬子以来。試合後「昨年(世界選手権9位)の悔しさを晴らしたいと思っていた。自分の演技をやり切れて、この結果に満足」と晴れやかな表情で話した。

 寺本は140センチ、32キロと“世界最小”クラス。その小さな体は少しの変化も大きく感じ取る。500グラム増えただけで動きやキレが悪くなり、減ると跳躍時の感覚が狂ってうまく跳べなくなるという。そのため毎日10回は体重計にのって細かく体重を管理。万全の状態で試合に臨む。

 リオでは、その自己管理にも狂いが生じた。リフレッシュするために日本から入浴剤30日分を持参したが、選手村の部屋に湯船が付いていなくて「全部パーになった」と肩を落としていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事