体操女子個人総合8位 寺本明日香“グラム単位”の自己管理

公開日:  更新日:

 52年ぶりの快挙だ。

 11日に行われたリオ五輪体操女子個人総合の決勝で、寺本明日香(20)が8位入賞(57.965点)を果たした。この種目で日本勢が入賞するのは、1964年の東京五輪で6位に入賞した池田敬子以来。試合後「昨年(世界選手権9位)の悔しさを晴らしたいと思っていた。自分の演技をやり切れて、この結果に満足」と晴れやかな表情で話した。

 寺本は140センチ、32キロと“世界最小”クラス。その小さな体は少しの変化も大きく感じ取る。500グラム増えただけで動きやキレが悪くなり、減ると跳躍時の感覚が狂ってうまく跳べなくなるという。そのため毎日10回は体重計にのって細かく体重を管理。万全の状態で試合に臨む。

 リオでは、その自己管理にも狂いが生じた。リフレッシュするために日本から入浴剤30日分を持参したが、選手村の部屋に湯船が付いていなくて「全部パーになった」と肩を落としていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る