厳しい代表選考実った 体操女子団体48年ぶり4強大躍進

公開日:  更新日:

 もはや驚く成績ではない。

 リオ五輪体操の女子団体総合決勝で、日本(寺本明日香、村上茉愛、杉原愛子、宮川紗江、内山由綺)が4位入賞を果たした。この種目での4強入りは、1968年メキシコ大会以来、実に48年ぶり。12年ロンドン大会の8位から大きく順位を上げた。

 20歳のキャプテン寺本は「団体は楽しい」と笑顔で語り、村上は「メダルを狙っていたけど、ミスがあっての4位ではない。いい試合をした。4位は女子としてはすごいことだと思っている」と話した。

 女子団体の決勝は、予選の上位8チームが出場して4種目を行い、各チーム3人の合計得点で争われる。日本は3種目を終えた時点で3位にいたが、前回の東京五輪(銅)以来のメダル獲得には至らなかった。

 村上がゆかで見せたH難度のシリバス(後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり)や寺本などが跳馬で成功させたチュソビチナ(後方伸身2回宙返り1回ひねり)が象徴するように、今の選手は高難度の技に積極的に挑戦し、欧米や中国とのレベル差も以前ほどではない。寺本が「怖いぐらい」と評するほど若手はメンタルが強く、大舞台でも物おじしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る