新たな歴史始まる 男子体操団体で日本が3大会ぶり「金」

公開日: 更新日:

 体操ニッポンの復活だ。現地8日(日本時間9日)に行われたリオ五輪体操男子団体決勝は、日本代表が04年アテネ大会以来、3大会ぶりの金メダルを獲得した。

 予選4位の日本は、「あん馬」発進。トップの内村航平(27)がミスなく演技を終えると、2番手の山室光史(27)は右手が取っ手から外れて落下。予選のようにミスが「伝染」するかと思ったが、加藤凌平(22)が悪くなりそうな流れを止める。「つり輪」は、田中佑典(26)、内村、山室の3人とも15点に届かず低調。つづく「跳馬」で内村が15.566、白井健三(19)が15.633の高得点をマークして2位に浮上。予選1位の中国は6位、トップはロシアがキープする。

 水鳥監督が「後半いいスタートを切るために重要」と語っていた「平行棒」で得点を稼いだのが田中だ。「世界一」と評されるきれいな演技と着地もピタリと止め15.900の高得点。日本は4種目を終えて、トップのロシアに1.3点差に迫ると、「鉄棒」でロシアを逆転。0.208点差をつけて最終種目の「ゆか」の演技に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  9. 9

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る