家族離散し亡命、練習場が焼失…「難民」3選手の壮絶過去

公開日: 更新日:

「難民選手団」から3選手が登場する。五輪に出場できる可能性がありながら、内戦などで祖国を追われた選手で構成。リオ五輪では10人が参加する。五輪では初めての試みだ。

 柔道に出場するポポル・ミセンガ(24)と、ヨランデ・マビカ(28)はコンゴ民主共和国(旧ザイール)出身だ。ともに幼い頃、内戦の影響で家族と離散。13年リオの国際大会に出場した時、祖国に戻らずそのまま亡命した。ヨランデがポポルを説得したという。

 お金もない状態で、ファベーラ(貧民街)のアフリカ人と共に暮らしていた。幸運にもブラジル人の柔道家と出会い、柔道を続けてきた。先月の記者会見でポポルは生き別れた兄弟を思い「テレビ観戦で自分と気付いてくれれば」と涙ながらに語った。第2の祖国ともいえるリオでどんな柔道を見せてくれるのか。

 7日の100メートルバタフライに続いて100メートル自由形に登場するユスラ・マルディニ(18)はシリア出身。幼少から水泳選手として嘱望されていたが、内戦で実家も練習場も焼かれてしまう。マルディニは亡命を決意し、昨年ドイツへ向かった。トルコの険しい山を経て、ボートでギリシャまで航海。道程は命がけだった。

 そこから徒歩でベルリンにたどり着き、やっとのことで水泳ができる環境をつかんだ。マルディニの泳ぎとキュートな笑顔にも注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る