前半奮闘も…米に圧倒され日本女子バスケの課題ハッキリ

公開日:  更新日:

 リオ五輪女子バスケットボール準々決勝で日本が五輪5連覇中の世界女王・米国と激突(日本時間17日午前7時開始)。序盤から日本は本川紗奈生(24)、栗原三佳(27)が3ポイントシュートを決め、第1クオーターは23―30と大善戦。続く第2クオーターではポイントガードの吉田亜沙美(28)が、日本最高身長191センチの渡嘉敷来夢(25)に絶妙パスを通したり、自ら3ポイントシュートを決めるなど存在感を見せつけ、前半を46―56と“わずか10点差”で折り返した日本選手の奮闘が目立った。

 もっとも、第3クオーターになるとスタミナ切れから日本はミスを連発し、吉田の渡嘉敷へのパスが乱れるなどプレー精度がガタ落ち。完全に米国が主導権を握った第4クオーターの日本の得点は5点のみ。終わってみれば64―110とダブルスコアの屈辱を何とか回避したことが、唯一の収穫となってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る