前半奮闘も…米に圧倒され日本女子バスケの課題ハッキリ

公開日:  更新日:

 リオ五輪女子バスケットボール準々決勝で日本が五輪5連覇中の世界女王・米国と激突(日本時間17日午前7時開始)。序盤から日本は本川紗奈生(24)、栗原三佳(27)が3ポイントシュートを決め、第1クオーターは23―30と大善戦。続く第2クオーターではポイントガードの吉田亜沙美(28)が、日本最高身長191センチの渡嘉敷来夢(25)に絶妙パスを通したり、自ら3ポイントシュートを決めるなど存在感を見せつけ、前半を46―56と“わずか10点差”で折り返した日本選手の奮闘が目立った。

 もっとも、第3クオーターになるとスタミナ切れから日本はミスを連発し、吉田の渡嘉敷へのパスが乱れるなどプレー精度がガタ落ち。完全に米国が主導権を握った第4クオーターの日本の得点は5点のみ。終わってみれば64―110とダブルスコアの屈辱を何とか回避したことが、唯一の収穫となってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る