低迷のセーリング宮川・高野ペアがリオで話題さらうワケ

公開日: 更新日:

 リオ五輪セーリングの49erFXは、時速50キロのスピードが出るところから「海のF1」と呼ばれている。

 日本からは、スキッパー(メーンセールと舵取りを担当)の宮川恵子(30)とクルー(小帆を操りながらバランスを取る)の高野芹奈(18)ペアが出場している。

 日本時間16日現在、全12レース中9レースを消化して20艇中最下位と低迷しているが、実力以外のところで関西大1年生の高野が、地元ブラジルで話題になっている。

「セーリングを始めてわずか4年目」なのに五輪本大会に駒を進め、さらには名前がブラジルが生んだF1界の英雄アイルトン・セナ(故人)と同じ「せな」だからだ。

 大阪で自営業を営む高野の父・啓司さんは、元カートのアマチュアレーサーで大のF1好き、中でもセナの熱狂的なファン。そこで長女には、セナが6度優勝したモナコGPにちなんで最子と名付け、次女には芹奈と名付けた。関西大付属中3年でセーリングを始め、ミセス選手で12歳上の宮川とペアを組み、今年3月のアジア選手権で優勝したことで、アレヨアレヨという間に五輪代表の座を射止めた。

 F1のセナは「音速の貴公子」と呼ばれていた。スピード不足で上昇機運に乗り切れない宮川・高野ペアが「せな」効果でライバルを抜き去る! そんな場面を見たいものだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る