• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低迷のセーリング宮川・高野ペアがリオで話題さらうワケ

投稿日:  更新日:

 リオ五輪セーリングの49erFXは、時速50キロのスピードが出るところから「海のF1」と呼ばれている。

 日本からは、スキッパー(メーンセールと舵取りを担当)の宮川恵子(30)とクルー(小帆を操りながらバランスを取る)の高野芹奈(18)ペアが出場している。

 日本時間16日現在、全12レース中9レースを消化して20艇中最下位と低迷しているが、実力以外のところで関西大1年生の高野が、地元ブラジルで話題になっている。

「セーリングを始めてわずか4年目」なのに五輪本大会に駒を進め、さらには名前がブラジルが生んだF1界の英雄アイルトン・セナ(故人)と同じ「せな」だからだ。

 大阪で自営業を営む高野の父・啓司さんは、元カートのアマチュアレーサーで大のF1好き、中でもセナの熱狂的なファン。そこで長女には、セナが6度優勝したモナコGPにちなんで最子と名付け、次女には芹奈と名付けた。関西大付属中3年でセーリングを始め、ミセス選手で12歳上の宮川とペアを組み、今年3月のアジア選手権で優勝したことで、アレヨアレヨという間に五輪代表の座を射止めた。

 F1のセナは「音速の貴公子」と呼ばれていた。スピード不足で上昇機運に乗り切れない宮川・高野ペアが「せな」効果でライバルを抜き去る! そんな場面を見たいものだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る