• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低迷のセーリング宮川・高野ペアがリオで話題さらうワケ

 リオ五輪セーリングの49erFXは、時速50キロのスピードが出るところから「海のF1」と呼ばれている。

 日本からは、スキッパー(メーンセールと舵取りを担当)の宮川恵子(30)とクルー(小帆を操りながらバランスを取る)の高野芹奈(18)ペアが出場している。

 日本時間16日現在、全12レース中9レースを消化して20艇中最下位と低迷しているが、実力以外のところで関西大1年生の高野が、地元ブラジルで話題になっている。

「セーリングを始めてわずか4年目」なのに五輪本大会に駒を進め、さらには名前がブラジルが生んだF1界の英雄アイルトン・セナ(故人)と同じ「せな」だからだ。

 大阪で自営業を営む高野の父・啓司さんは、元カートのアマチュアレーサーで大のF1好き、中でもセナの熱狂的なファン。そこで長女には、セナが6度優勝したモナコGPにちなんで最子と名付け、次女には芹奈と名付けた。関西大付属中3年でセーリングを始め、ミセス選手で12歳上の宮川とペアを組み、今年3月のアジア選手権で優勝したことで、アレヨアレヨという間に五輪代表の座を射止めた。

 F1のセナは「音速の貴公子」と呼ばれていた。スピード不足で上昇機運に乗り切れない宮川・高野ペアが「せな」効果でライバルを抜き去る! そんな場面を見たいものだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る