シンクロデュエットで銅 乾・三井組に“リフト50cm”の差

公開日:  更新日:

 お家芸が復権を果たした。

 リオ五輪シンクロナイズドスイミングのデュエット決勝で日本の乾友紀子(25)、三井梨紗子(22)組が188.0547点で銅メダル。この競技では北京以来2大会ぶりのメダルを獲得した。

 前日のテクニカルルーティン(TR)予選で4位に終わり、ライバル・ウクライナの後塵を拝した日本。2人の息が合わず、予選で見せたようなちぐはぐさはなく、ミスのない演技を披露した。187.1358点にとどまったウクライナを0.9189点差で上回り、現地時間16日に66回目の誕生日を迎えた井村雅代ヘッドコーチにメダルをプレゼントした。

 前回のロンドンで84年ロサンゼルス大会から続いていたメダルが途切れた日本は、北京大会を最後に代表HCを離れた井村氏が14年に復帰。合宿中は多い日で12時間近くにも及ぶ猛練習で強化を図ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る