ア優勝決定戦の両チームを改革した“敏腕フロント”の手腕

公開日: 更新日:

 ア・リーグのリーグ優勝決定戦(7回戦制)は19日(日本時間20日)に第5戦を行い、インディアンスが4勝目を挙げ、97年以来19年ぶり6回目のワールドシリーズ進出を決めた。

 6日間にわたる短期決戦の裏では、ひとりの球団フロントが注目を集めていた。

 ブルージェイズのマーク・シャパイロ球団社長兼最高経営責任者(CEO)のことだ。昨年8月に就任してからロス・アトキンスGMとともにチームづくりに着手し、今季はワイルドカードでポストシーズンに導いた。

 ブルージェイズのフロントに移籍するまでは今回の対戦相手であるインディアンスでGMや球団社長を歴任。今季32セーブの守護神アレン、メジャー2年目で打率3割をマークした遊撃のリンドーアら現在の主力はドラフトで指名して自前で育てた選手。ア・リーグはシャパイロ氏が手掛けたチーム同士がワールドシリーズ進出を争ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る