ア優勝決定戦の両チームを改革した“敏腕フロント”の手腕

公開日: 更新日:

 ア・リーグのリーグ優勝決定戦(7回戦制)は19日(日本時間20日)に第5戦を行い、インディアンスが4勝目を挙げ、97年以来19年ぶり6回目のワールドシリーズ進出を決めた。

 6日間にわたる短期決戦の裏では、ひとりの球団フロントが注目を集めていた。

 ブルージェイズのマーク・シャパイロ球団社長兼最高経営責任者(CEO)のことだ。昨年8月に就任してからロス・アトキンスGMとともにチームづくりに着手し、今季はワイルドカードでポストシーズンに導いた。

 ブルージェイズのフロントに移籍するまでは今回の対戦相手であるインディアンスでGMや球団社長を歴任。今季32セーブの守護神アレン、メジャー2年目で打率3割をマークした遊撃のリンドーアら現在の主力はドラフトで指名して自前で育てた選手。ア・リーグはシャパイロ氏が手掛けたチーム同士がワールドシリーズ進出を争ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る