• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダルやマー君超え確実 “三刀流”ハム大谷メジャーでの値段

 球史に名を残す、圧巻の投球だった。

 16日のCSファイナルステージ第5戦。日本ハムの3点リードで九回表、マウンドに上がったのはそれまで「3番・DH」で出場していた大谷翔平(22)だった。プロでは2度目、CSでは初となる野手出場からのマウンド。大歓声の中、日本最速となる165キロを3回もマークするなど、160キロ超の速球と140キロ台のスライダー、150キロ台のフォークでソフトバンク打線を三者凡退に。自身初セーブとともに、チームの日本シリーズ出場を勝ち取った。

 先発した初戦の12日から中3日。ソフトバンクベンチも、予期せぬリリーフ登板に唖然としていた。日本ハムファンで、日刊ゲンダイでもスポーツコラムを連載中の松崎菊也氏(戯作者)は「大谷には日本という土俵は狭過ぎる」と、こう続ける。

「正直、大谷が九回のマウンドに上がった時は、四球を連発するんじゃないかと思いました。それがあの好投ですからね。大谷にはぜひ、メジャーの強打者たちをキリキリ舞いさせて欲しい。それだけの力はあるでしょう。一方で、これだけのスターのメジャー移籍は悩ましい。おじさんの生き甲斐もなくなっちゃいますけど(笑い)、この狭い土俵の中で大谷は今後、果たしてやる気が出せるのか。そこは非常に疑問ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る