ダルやマー君超え確実 “三刀流”ハム大谷メジャーでの値段

公開日: 更新日:

 球史に名を残す、圧巻の投球だった。

 16日のCSファイナルステージ第5戦。日本ハムの3点リードで九回表、マウンドに上がったのはそれまで「3番・DH」で出場していた大谷翔平(22)だった。プロでは2度目、CSでは初となる野手出場からのマウンド。大歓声の中、日本最速となる165キロを3回もマークするなど、160キロ超の速球と140キロ台のスライダー、150キロ台のフォークでソフトバンク打線を三者凡退に。自身初セーブとともに、チームの日本シリーズ出場を勝ち取った。

 先発した初戦の12日から中3日。ソフトバンクベンチも、予期せぬリリーフ登板に唖然としていた。日本ハムファンで、日刊ゲンダイでもスポーツコラムを連載中の松崎菊也氏(戯作者)は「大谷には日本という土俵は狭過ぎる」と、こう続ける。

「正直、大谷が九回のマウンドに上がった時は、四球を連発するんじゃないかと思いました。それがあの好投ですからね。大谷にはぜひ、メジャーの強打者たちをキリキリ舞いさせて欲しい。それだけの力はあるでしょう。一方で、これだけのスターのメジャー移籍は悩ましい。おじさんの生き甲斐もなくなっちゃいますけど(笑い)、この狭い土俵の中で大谷は今後、果たしてやる気が出せるのか。そこは非常に疑問ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る