先発マエケンも餌食に? カブスの“サイン盗み”に要警戒

公開日: 更新日:

 108年ぶりの世界一を目指すカブスが姑息な手段に出た。

 16日(日本時間17日)のナ・リーグ優勝決定戦で相手ドジャース・バッテリーのサインを盗んでいたというのだ。ドジャースのヤスマニ・グランダル捕手(27)が明かしたと複数の米メディアが伝えている。

 疑わしい行為があったのは前田健太(28)が先発し、4回を4安打3失点でKOされた第1戦。3-3の同点で迎えた八回のカブスの攻撃中だ。この回先頭の4番ゾブリストが二塁打で出塁した際、ベース上から打席にいるラッセルに何らかの合図を送った。

 グランダルによると、ラッセルのスイングは明らかに不自然で、直球に的を絞っているのが分かったという。結局、ラッセルはスライダーに手を出して三ゴロに倒れたが、カブスによるサイン盗みもあってか、ドジャースはこの回に一気に5点を失い、初戦を落とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る