先発マエケンも餌食に? カブスの“サイン盗み”に要警戒

公開日:  更新日:

 108年ぶりの世界一を目指すカブスが姑息な手段に出た。

 16日(日本時間17日)のナ・リーグ優勝決定戦で相手ドジャース・バッテリーのサインを盗んでいたというのだ。ドジャースのヤスマニ・グランダル捕手(27)が明かしたと複数の米メディアが伝えている。

 疑わしい行為があったのは前田健太(28)が先発し、4回を4安打3失点でKOされた第1戦。3-3の同点で迎えた八回のカブスの攻撃中だ。この回先頭の4番ゾブリストが二塁打で出塁した際、ベース上から打席にいるラッセルに何らかの合図を送った。

 グランダルによると、ラッセルのスイングは明らかに不自然で、直球に的を絞っているのが分かったという。結局、ラッセルはスライダーに手を出して三ゴロに倒れたが、カブスによるサイン盗みもあってか、ドジャースはこの回に一気に5点を失い、初戦を落とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る