年俸下位球団がPOで大健闘 大リーグ“下剋上”続出の理由

公開日:  更新日:

 ビンボー球団の健闘が目立つのが今年のア・リーグ地区シリーズだ。

 日本時間11日はインディアンスがレッドソックスに3連勝、リーグ優勝決定戦に駒を進めた。年俸総額が30球団中27位のインディアンスが、4位のレッドソックスを3タテしたのだ。インディアンスとリーグ優勝をかけて戦う年俸総額12位のブルージェイズも、5位のレンジャーズに3連勝した。メジャーの頂点を決めるプレーオフで「下克上」が頻発しているのはどうしてか。

「フロントのチームづくりでしょう。特に今年はドラフトと育成を重視するチームの健闘が目立ちますから。ただ、プレーオフの分配金が選手のモチベーションになっているのは間違いありません」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「メジャーではプレーオフに進出した10球団に結構な額の分配金が出るのです。昨年のワールドシリーズを制したロイヤルズは1人当たり約37万ドル(約3800万円)、リーグ優勝のメッツは約30万ドル(約3100万円)、初戦のワイルドカードゲームで敗退したヤンキースにしても約1万4000ドル(約150万円)が出ています。プレーオフの入場料収入のうち一定の割合を、成績に応じて分配しているのです。例えばインディアンスの主力には、年俸がメジャー最低保障の6000万円弱に満たない選手も多い。彼らにしてみれば、分配金は結構な金額なのです。それに分配金はチームの選手会の裁量で分配の仕方が異なる。マイナーと行ったり来たりの選手でも、チームによっては分配金を満額もらえるケースもありますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る