• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブルージェイズの窮地救ったア打点王は“マー君キラー”

 メジャーを代表する主砲が崖っぷちのチームを救った。

 ア・リーグ優勝決定シリーズでインディアンス相手に3連敗で王手をかけられたブルージェイズ。後がない状況の中、今季の打点王(127)で4番エンカーナシオンのバットが火を噴いた。1点リードの七回無死満塁から3番手右腕ショウの154キロの直球を中前にはじき返す2点適時打。主砲が土壇場で勝負強さを発揮し、ブルージェイズは今シリーズ初勝利を挙げ、インディアンスに一矢報いた。

 アの打点王はポストシーズンも好調。ここまで8戦で3本塁打を放っており、31打数10安打の9打点をマークしている。レンジャーズとの地区シリーズ第2戦ではダルビッシュ有から一発を放ってマウンドから引きずり下ろしたように、エンカーナシオンは日本人投手キラーとしても知られる。

 これまで日本人投手に対して123打数41安打の打率3割3分3厘、9本塁打、31打点。中でもカモにされているのはブルージェイズと同地区のヤンキース・田中将大だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事