ブルージェイズの窮地救ったア打点王は“マー君キラー”

公開日:

 メジャーを代表する主砲が崖っぷちのチームを救った。

 ア・リーグ優勝決定シリーズでインディアンス相手に3連敗で王手をかけられたブルージェイズ。後がない状況の中、今季の打点王(127)で4番エンカーナシオンのバットが火を噴いた。1点リードの七回無死満塁から3番手右腕ショウの154キロの直球を中前にはじき返す2点適時打。主砲が土壇場で勝負強さを発揮し、ブルージェイズは今シリーズ初勝利を挙げ、インディアンスに一矢報いた。

 アの打点王はポストシーズンも好調。ここまで8戦で3本塁打を放っており、31打数10安打の9打点をマークしている。レンジャーズとの地区シリーズ第2戦ではダルビッシュ有から一発を放ってマウンドから引きずり下ろしたように、エンカーナシオンは日本人投手キラーとしても知られる。

 これまで日本人投手に対して123打数41安打の打率3割3分3厘、9本塁打、31打点。中でもカモにされているのはブルージェイズと同地区のヤンキース・田中将大だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る