生島淳
著者のコラム一覧
生島淳スポーツジャーナリスト

1967年、宮城県気仙沼市生まれ。早大卒。広告代理店勤務後、スポーツジャーナリストとして独立。黒田博樹著「決めて断つ」の構成を担当。書籍「黒田博樹 200勝の軌跡」では「黒田博樹をめぐる10の物語」を執筆した。「エディー・ウォーズ」「気仙沼に消えた姉を追って」など著書多数。

<1>「野球が楽しいと思ったことは中学生あたりからない」

公開日:
10月25日の登板が最後となった(C)日刊ゲンダイ

 日本シリーズ第6戦、札幌の「寿司職人」、レアードが八回表に満塁弾を打った瞬間、黒田博樹がマウンドに立つチャンスは永遠に失われてしまった。

 広島、敗れる。

 誰もが、当の日本ハムファンでさえ、最終戦で「黒田対大谷」の夢…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る