U-20女子W杯ブラジル撃破 松原志歩にゴールへの“嗅覚”

公開日:  更新日:

 2020年の東京五輪を担うであろう20歳以下の女子日本代表が、パプアニューギニアで開催中のU─20女子W杯準々決勝でブラジルを3─1で破り、準決勝進出を決めた。後半のブラジルの勢いをそぐゴールを決めたのは、途中出場のMF松原志歩(19=C大阪堺L)だった。しかも、2ゴールのおまけ付きだ。

 グループリーグ初戦は出場の機会はなく、続くスペイン戦、カナダ戦では後半途中からの起用で無得点。特にカナダ戦では、決定的なチャンスを逃していただけに、ゴールへの意欲は高かった。

 強豪ブラジルとの戦いで、後半頭から挽回の機会が巡ってきた。

 左サイドハーフに入った松原は、最初のチャンスをモノにする。先制ゴールを決めたDF守屋都弥(20=INAC神戸)のグラウンダーのパスに全身でミートさせるようにピタリと合わせたファインゴール。後半開始5分と時間帯も文句なし。23分にはこぼれ球を押し込んで2点目(写真)。チーム3得点目でブラジルは完全に流れを手放した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る