京大卒で元大手出版社勤務 女子ラグビー・竹内亜弥の素顔

公開日: 更新日:

 リオ五輪に続いて女子の15人制が世界の大舞台を目指す。

 8日、日本ラグビー協会は来年8月に開催される女子ラグビーW杯(アイルランド)のアジア・オセアニア地区予選(香港・13日から)に臨む日本代表メンバー(サクラフィフティーン)を発表。主将の斎藤聖奈(24)、唯一の外国出身であるマテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェ(32=フィジー)ら28人が名を連ねた。

 今大会は、香港、フィジーの3チームによる総当たりで行い、上位2チームがW杯出場権を得る。02年スペイン大会を最後にアジアの壁に阻まれてきた日本の4大会ぶりの出場は京大卒FWの出来にも左右されそうだ。

 7人制のリオ五輪にも出場し、15人制ではFW第2列のロックを務める竹内亜弥(30)である。

 京大卒業後、大手出版社の新潮社に入社。高校まではバレーボールをやっていた。就職後にクラブチームで本格的に始めたラグビーにのめり込み、主に7人制でプレーしてきた。新潮社では営業職として書店回りや販促事業に携わってきたが、リオ五輪を目指して代表に専念するため休職。五輪後に復職する予定も、「ラグビーに携わる仕事がしたかった」(竹内)と10月末に退社した。新たな就職先も決まったが、来年のW杯まではラグビー中心の生活になるという。

 竹内は、身長167センチ、体重68キロ。女子のFWでは決して大型ではないものの、倒されてもすぐに起き上がる豊富な運動量と献身的なプレーが持ち味だ。京大卒の異色選手はリオに続いて女子15人制代表をアイルランドに導けるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る