タカマツペアに逆風…11点5ゲーム制に変更なら日本勢不利

公開日:  更新日:

 来季の日本代表の重要な選考となるバドミントンの全日本総合選手権大会が30日に開幕。リオ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組、女子シングルス銅メダルの奥原希望(21)ら日本代表組が順当に初戦を突破した。

 今大会でシングルス優勝、ダブルス2位以内で自動的にナショナルチームに入るため、各種目とも20年東京五輪の代表入りに向けた戦いは熾烈になる。リオ五輪での女子の躍進でバドミントンは東京でもメダル取りが有力視される競技の一つになったが、先行きは極めて不透明だ。

 東京五輪を前に日本勢には不利な試合形式が導入されそうなのだ。世界バドミントン連盟(BWF)は試合形式を現行の「21点3ゲーム制」から「11点5ゲーム制」への変更を検討している。これは、五輪のテレビ中継を意識した試合時間の短縮、選手の負担軽減を目的としたもの。すでにジュニアの国際大会では試験的に導入されており、早ければ来年にもシニアでも実施される見込みだという。BWFには選手の肉体的負担を減らすことで、選手寿命を延ばしたい思惑もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る