来年5月処分解除 “闇カジノ”桃田バド代表復帰に高い壁

公開日: 更新日:

 わずか1年足らずで戦列復帰することになる。

 今年4月に違法カジノに手を染めたことが発覚し、日本バドミントン協会から無期限の資格停止処分を科された男子シングルス元世界ランキング2位の桃田賢斗(22)。社会奉仕活動に積極的に携わるなど反省の色が見えることから、早ければ来年5月にも処分が解除されるという。

 バドミントンの五輪日本代表は、その年の5月の世界ランキングに基づいて決まる。桃田が20年の東京五輪に出場するためには、日本代表に復帰してスーパーシリーズなどの国際大会でポイントを稼ぎランキング上位に入る必要がある。

“一兵卒”から出直す桃田はまずナショナルチームのA代表入りを目指すが、元世界ランク2位といえども代表復帰は容易ではない。日本協会が定める代表選考基準(シングルス男女各4人)は「全日本総合選手権2位以内」「日本ランキング1位」「強化本部推薦」の3つ。日本協会は原則として日本代表を目指す選手には、毎年12月(今年は11月29日開幕)の全日本総合への出場を義務付けているため、桃田の来年の代表入りの望みは事実上、絶たれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る