来年5月処分解除 “闇カジノ”桃田バド代表復帰に高い壁

公開日:

 わずか1年足らずで戦列復帰することになる。

 今年4月に違法カジノに手を染めたことが発覚し、日本バドミントン協会から無期限の資格停止処分を科された男子シングルス元世界ランキング2位の桃田賢斗(22)。社会奉仕活動に積極的に携わるなど反省の色が見えることから、早ければ来年5月にも処分が解除されるという。

 バドミントンの五輪日本代表は、その年の5月の世界ランキングに基づいて決まる。桃田が20年の東京五輪に出場するためには、日本代表に復帰してスーパーシリーズなどの国際大会でポイントを稼ぎランキング上位に入る必要がある。

“一兵卒”から出直す桃田はまずナショナルチームのA代表入りを目指すが、元世界ランク2位といえども代表復帰は容易ではない。日本協会が定める代表選考基準(シングルス男女各4人)は「全日本総合選手権2位以内」「日本ランキング1位」「強化本部推薦」の3つ。日本協会は原則として日本代表を目指す選手には、毎年12月(今年は11月29日開幕)の全日本総合への出場を義務付けているため、桃田の来年の代表入りの望みは事実上、絶たれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る