来年5月処分解除 “闇カジノ”桃田バド代表復帰に高い壁

公開日: 更新日:

 わずか1年足らずで戦列復帰することになる。

 今年4月に違法カジノに手を染めたことが発覚し、日本バドミントン協会から無期限の資格停止処分を科された男子シングルス元世界ランキング2位の桃田賢斗(22)。社会奉仕活動に積極的に携わるなど反省の色が見えることから、早ければ来年5月にも処分が解除されるという。

 バドミントンの五輪日本代表は、その年の5月の世界ランキングに基づいて決まる。桃田が20年の東京五輪に出場するためには、日本代表に復帰してスーパーシリーズなどの国際大会でポイントを稼ぎランキング上位に入る必要がある。

“一兵卒”から出直す桃田はまずナショナルチームのA代表入りを目指すが、元世界ランク2位といえども代表復帰は容易ではない。日本協会が定める代表選考基準(シングルス男女各4人)は「全日本総合選手権2位以内」「日本ランキング1位」「強化本部推薦」の3つ。日本協会は原則として日本代表を目指す選手には、毎年12月(今年は11月29日開幕)の全日本総合への出場を義務付けているため、桃田の来年の代表入りの望みは事実上、絶たれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る